ベビーシッターに向いている人とは

保育士や幼稚園教諭の仕事が子ども好きというだけでは勤まらないように、ベビーシッターも単に子ども好きというだけでは仕事が続けにくいです。


ベビーシッターは依頼者の自宅に行って子どもを預かるのが仕事ですが、ここでは何が起こるかわかりません。


小さい子どもであれば想定外のイタズラをして怪我をしてしまう危険性もあります。


お金をもらって親の代わりに子どもの面倒を見るということは、とても注意力がいる仕事です。
もし単に子ども好きだからベビーシッターのアルバイトをしたいというのであれば、少し考え直したほうがいいでしょう。



預かるのは子どもの命で、だからこそ高い報酬をもらっています。

もし何かあった時に備えて、法人のベビーシッターサービスでは専用の保険に加入できるようになっています。

もし預かった子どもに何かあった時に、ベビーシッターだけの負担にならないようにする救済制度です。

この仕事に向いているのは、子どもが好きであることは前提として、子どもの扱いが上手い人、子どもを楽しませながらも、常に注意を向けられる人です。
ただ子どもと一緒にいれば良い仕事ではなく、子どもと遊びつつも子どもの命を守る仕事です。
仕事をするためには特別資格は必要ありませんが、子育て経験のある人や、保育士や幼稚園教諭の資格を持っている人の方が歓迎されやすいです。



最近では男性のシッターもいますが、どちらかといえば女性のシッターの割合が多いです。

本当に役に立つエキサイトニュースに関する最新情報はこちらです。